当サイトの管理人

当サイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

私は、自虐的に自分のことを“ちょいクサオヤジ”などと呼んでいますが、

  • 冬でも度々臭いが気になる
  • 耳垢が湿っている
  • 父親も軟耳垢でワキガのような臭いがしていた

と、残念ながらワキガの条件を満たしているので、客観的にみても、やはりワキガなんだと思います(涙)

ただ正直、この歳になっても、自分ではどのくらい臭いのかは良くわかりません。

しかし、

「自分が臭いことは自覚した方が良い。」

そして、

「日頃から出来る範囲のケアはするべきである。」

(というか、しなければヤバイ!)

遅まきながら、最近は強くそう思うようになり、流行りの『スメルケア』について勉強中です。

とは言いつつも、これまで周囲から「ワキガ」と指摘されたことや、特に臭いで悩んだことなどはありませんでした。

むしろ、自分の臭いについては無頓着な方。

つい最近でも「もうオッサンだし、結婚もしてるし、子どももいるし・・・。」

そんな「どうでも良さ」から、無意識の内にワキガ臭をそこら中に撒き散らしていた可能性すらあったくらいです。

ちょいクサオヤジ

ちょいクサオヤジ
今思うとゾッとしますねw

しかし、あることがきっかけで、そのような姿勢は一変しました。

その「きっかけ」とは、仕事の関係で今年から通勤手段が車から電車に代わったことです。

そのせいで、かれこれ十数年ぶりに、混雑した電車にほぼ毎日乗るようになったんですね。

すると、嫌でも“アレ”が気になってしまいまして・・・。

そうです、アレというのは『他人の体臭』のこと。

もうビックリするぐらい、電車の中って他人の体臭が気になるんですね。

しかも、いちど『加齢臭』が強烈な男性の隣に座ったことがありまして・・・。

その時、ふと「自分もこんな風に臭っていたらヤバ過ぎるだろ・・・。」という、得も言われぬ恐怖心に襲われたことは、今でも忘れることができません。

それまで、他人の臭いについても殆ど無関心だったはずが、コレを機に完全に目覚めてしまいましたね。

以後、やたらと体臭のことばかりが気になって仕方ありません。

まぁ、別に他人が臭い分には構わないのですが、それが自分だったらと思うと、居ても立ってもいられません。

その結果、臭いについて気になったことは、調べたり試したりするのが、すっかり習慣として身に付きました。

折角なので、それらをこのサイトでもシェア出来ればと思っています。

取り敢えず、あらゆる体臭には原因があり、それらを克服する術は色々あることがわかりました。

また、体臭もワキガも決して特別なことでも、恥ずべきことでもないんですね。

その辺りは、このサイトを良く読めば、きっとお解りいただけると思います。

正しいスメルケアの方法を学び実践することで、臭いの悩みを克服し、これからの人生をより充実したものにしていきたいですね。

ちょいクサオヤジ

ちょいクサオヤジ
このサイトが、少しでもその「きっかけ」になるのであれば、とても嬉しく思います。

【人気の記事】
ワキガに効くデオドラントランキング※市販の5品を徹底比較!

ワキガは遺伝!?確率や遺伝以外の可能性を調査!耳垢との関係も