ストレス臭とはどんな臭い?3つの対策と予防法、原因を調査!

ちょいクサオヤジ

ちょいクサオヤジ
ストレス臭とはどんな臭いのことでしょうか?
そもそも、ストレス臭って聞いたことが有るような、無いような・・・。
良くわからないので、その実態について調べてみましょう。

そのネーミングからして、おそらく人間がストレスを感じた時に、普段とは違う何か特殊な臭いを発するのだろうと想像できます。

そもそも、このストレス臭とは、最近になって某化粧品会社が提唱するようになった全く新しい体臭のこと。

決して他人事と思うことなかれ。

ストレス臭は『加齢臭』や『ミドル脂臭』のように特定の性別や年齢層にのみ認められる体臭とは異なり、誰にでも起こりうる臭いだそうです。

となれば俄然、その原因や対策が気になりますよね。

「もしかして、自分も?」

と、ちょっと不安に感じたならぜひ、この続きを読んでみてください。

ストレス臭とはどんな臭い?

ストレス臭 どんな臭い

ちょいクサオヤジ

ちょいクサオヤジ
まずは何よりどんな臭い?
というのが、真っ先に気になるところでしょう。

もし、自分でも気付かないうちに、ストレス臭を撒き散らしていたら・・・。

そう考えると、一刻も早く手を打たなければいけませんから。

実は、ストレス臭は『硫黄化合物系』の臭いであることがわかっています。

詳しくは、『ジメチルトリスルフィド』『アリルメルカプタン』という2つの成分が主要成分。

ただ、これを聞いても、私にはどんな臭いなのか全く想像が付きません。

なので、もっとわかり易い表現が無いか調べたところ・・・。

ズバリ、『ネギ』や『タマネギ』、人によっては『ニンニク』に近いと感じる臭いだそうです。

いかがでしょうか?

体からネギやニンニクのような臭いがしてませんか?

私は今のところ大丈夫です(多分)。

【おすすめの記事】

『デトランスα』は、ワキガ対策として非常に人気のあるロールオンタイプのデオドラントです。 このページでは、そんなデトランスαを使用...

ストレス臭の原因

ストレス臭 どんな臭い『皮膚ガス』という言葉をご存知ですか?

私は、このストレス臭を調べる過程で知ったのですが、人間は絶えず皮膚からガスを放出していて、それが体臭の原因になっているそう。

皮膚ガスにはなんと300を超える種類があって、あの『加齢臭』も実は皮膚ガスが原因。

他にも、酒臭いのは文字通り『お酒臭』といって、アルコールが皮膚から放出されることによって臭うのが原因だそうです。

筋肉が疲労した際に発生する『疲労臭』は“ツン”とした刺激臭が特徴で、これは皮膚からアンモニアを放出するから。

と、いった具合に皮膚ガスには多くの種類が存在しますが、漏れなくストレス臭もこの皮膚ガスが原因なのです。

ストレス臭は、前述の『ジメチルトリスルフィド』と『アリルメルカプタン』という2つの臭い成分が、皮膚から放出されることで発生します。

この2つの成分は、運動などによる発汗では発生せずに、心理的な変化(要はストレス)によって発生することがわかっています。

ちなみに、ストレス臭は体の様々な部位から出ているようです。

よって、ワキガのように“ピンポイント”をケアすればOK!

という臭いとは、性質も原因も異なっています。

ストレス臭はうつる?

ストレス臭 どんな臭いストレスが強くなると、ストレス臭もまた強くなる傾向が見られます。

特に緊張によって心拍数が高くなるほど、より強い臭いを発することがわかっています。

さらに、他人のストレス臭を嗅いだ場合、嗅いだ人もストレス臭を発しやすくなるといわれています。

これは、ストレス臭を嗅ぐことによって、精神的な疲労と混乱が高まるから。

自身のストレス臭が、思わぬ形で周囲も巻き込んでしまうわけです。

ストレス臭の対策と予防法

ストレス臭 どんな臭い

ちょいクサオヤジ

ちょいクサオヤジ
最後にストレス臭の対策や予防として、オススメの方法を3つご紹介します。

  • ストレスを溜めない
  • 衣類は天然素材を選ぶ
  • 専用のデオドラントやシートでケア

どれでも良いので、まずは何か1つでも始めてみてはいかがでしょうか?

ストレスを溜めない

そもそもの原因がストレスなので、対策としてはまず、ストレスを溜めないことが重要ですね。

といっても、生きている以上ストレスは付き物なので、それらと上手に付き合う方法を考えるのが得策でしょう。

趣味や生きがいに勤しんだり、自宅で出来る簡単なマッサージを取り入れるのも良いですね。

とにかく、日々のアレコレを全て忘れて、発散できる瞬間を日常生活の中に取り入れてみましょう。

また、実際に自分がストレス臭を発していると感じた時は・・・。

そんな時は、気にし過ぎるのが最悪のパターン。

余計にストレスを感じ、臭いが強くなるという悪循環になりかねません。

臭ってしまったら、開き直って気にしない。

それが嫌なら、マメなケアと事前の予防が必須ですね。

衣類は天然素材を選ぶ

衣類の素材には大きく分けて『天然素材』『化学繊維の2種類があります。

大雑把に言ってしまうと、天然素材は通気性が良く、化学繊維は通気性が悪い(蒸れやすい)という特徴があります。

なので、なるべくなら着るものは通気性が良い天然素材を選びましょう。

特に夏場など大量に汗をかく時期は、麻(リネン)や薄手の綿(コットン)といった天然素材の服がオススメ。

その方が汗も出にくいし、かいた汗も乾きやすいですからね。

逆に、素材が『ポリエステル』の服は、蒸れやすく臭いやすいので、気になる場合は注意してください。

【関連記事】

「突然、ワキガになっちゃった!?」 「実は気付かなかっただけで、前からずっとワキガだった??」 こうなるともう、ワキガなのか...

専用のデオドラントやシートでケア

出かける前や外出先で気になる時に、サッとケアできるデオドラントやシートがあると便利です。

「ケアしている」という安心感を得られるだけでも、「ストレス軽減⇒臭い抑制」に効果がありそう。

最近は、様々な体臭の中からストレス臭にフォーカスした製品も出始めています。

価格もお手頃な物が多いので、お試し感覚で気軽に使えるのが魅力的です。

【必読!No.1の制汗剤とは?】
ワキガに効くデオドラントランキング※市販の5品で最強はどれ?

【効果や使用感について徹底検証!】
デオドラントのレビュー一覧

わきがに一番効くデオドラントランキング※市販の5品で最強はどれ?

決して香りではごまかさない!
臭いの原因をしっかりカバーし、長時間サラサラが続く♪
しかも、「高コスパ」でおすすめのデオドラントとは?

実際に使用したことのあるデオドラントをランキング形式で徹底比較!

詳細はこちら

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。